トップページ > SSL研究室(コラム) > 【疑問質問】 SSL証明書インストール後のチェック方法について

【疑問質問】 SSL証明書インストール後のチェック方法について

2012/11/06
証明書のインストールが完了した後の動作確認は行なっていますか?

多くの場合、インストール後にまずサイトにアクセスして確認すると思います。
ブラウザでの動作確認はサイト自体の動作を確認する上でも大切なのですが、
この方法では発見できない問題があります。

・中間証明書が正しくインストールされているかどうか
・自己証明書をクライアント側にインストールしてテストしている場合、
 正常にインストールされていなくても正常動作に見えてしまう、という問題

中間証明書がインストールされていない場合でも、
ブラウザによってはブラウザ側で自動的に中間証明書を補完する機能があるため、
その場では問題に気づかない事があります。
後日サイト閲覧者からの連絡で問題に気づく、といった具合です。

Symantec系のVeriSign、GeoTrust、Thawteにおいては、
発行元側でインストールチェッカーというチェックツールが用意されているので利用する事をおすすめします。

Symantec SSL Certificate Installation Checker
https://knowledge.verisign.com/support/ssl-certificates-support/index?page=content&id=AR1130

上記サイトでURLとポート番号(通常は443)を入力し、
「Test this Web Server」というボタンをクリックします。
緑色のメッセージ(Status:Successful)が表示されれば正常にインストールされています。
ページ上部へ戻る